‘リハビリ’ カテゴリーのアーカイブ

リハビリ期間

2014年3月12日 水曜日
脳出血には後遺症が残ることがあります。出血量や出血した脳の場所によって後遺症の程度も変わってきます。後遺症が残ると日常生活に影響が出てくるのでリハビリは大切です。麻痺などをおこすと以前のようにスムーズにいかなくなります。その負担や不自由さが少しでも軽減されるように訓練するのがリハビリです。リハビリの期間があると聞きます。急性期・回復期・維持期とあるそうです。この3つに分類されていて順番に進めていきます。リハビリはできるだけ早く行うほうが効果があります。機能回復や社会復帰を目指し目的のために行いましょう。

リハビリの専門家

2014年1月18日 土曜日
脳出血は、脳の中を走る細い血管がもろくなり、血管の中の圧力すなわち血圧に耐えれなくなって破裂したためにおこります。まさに脳の血管が切れるのです。脳出血の恐ろしいところは、出血がはじまると、どんどん周囲の脳を破壊して出血が大きくなっていくため、なにかしらん脳に傷が残ってしまうそうです。すなわち後遺症が残るわけですが、後遺症は出血がおこった場所によって、麻痺であったり、言語障害であったり、ふらつきであったりと色々な後遺症が残るそうです。例えば…言葉が話せない、物の名前が分からないなどといった言語障害がある場合には、コミュニケーションが取れるように言語聴覚士とリハビリを行います。ほかに理学療法士や作業療法士というリハビリ専門家がいます。リハビリは医師だけではなくさまざまな人の手助けがあります。

リハビリの分類

2013年10月18日 金曜日
脳出血は誰でもなりうる病気です。特に中年から高齢になるにつれて気をつけたいですよね。脳出血になると後遺症が残る場合があります。出血量や出血した脳の場所によっても違います。後遺症が残ると日常生活が以前と違って思うように動かせなくなり、手足の自由も思うように動かせなくなります。今までとは違い、日常生活での影響が出てきます。
ですから、後遺症があっても日常生活を過ごしていく上で少しでも自分の力でできるように、リハビリの訓練を行うようにしましょう。リハビリには急性期と回復期と維持期の3つにリハビリが分類されています。急性期は発症より2週間から1ヶ月以内に治療を行い症状が安定してリハビリが可能な状態になってから行うと良いとされています。回復期は急性期治療が終了しても身体機能の低下が残り機能障害の回復をはかり回復した機能が衰えないように維持することを目的とします。維持期は急性期、回復期にかくとくした機能を出来るだけ長期に維持することで安定した日常生活を遅れるように支える目的です。

リハビリ方法について

2013年6月19日 水曜日

脳出血の症状は非常に範囲がひろいです。自分でも気づかないレベルの症状から突然に意識を失ってしまうまで…個人差は様々です。また最新医療のMRIやCTスキャンのおかげで脳出血などの早期発見・早期治療ができるようになり死亡率は確実に減ってきています。ただ、死亡率は減っているのですが問題なのが脳出血によって受けた後遺症です…後遺症も患者様一人ひとり症状も様々になります。その後遺症を解消したり軽減するために行うのがリハビリです。今はリハビリテーション科などといったリハビリ専門のスタッフを揃えている病院も増えてきていますよね!脳出血のリハビリは大きく分けると「半身麻痺などの身体的に対するリハビリ」と「記憶障害・言語障害などに対するリハビリ」があるそうです。

家族が味方

2012年12月28日 金曜日

脳の病気は手術後が本当の闘いになります。障害が残った場合は、なぜできないのか?という周りは思うのでしょうが、ボケたわけでもなく、指示されたことに頭では理解出来ても、脳からの伝達が違う方向に指示されるだけの場合もあるそうです。これはリハビリをしていくと回復していく場合もあるそうです。家族などにきちんと説明できる医師やセラピストだとありがたいですね。家族は納得するまで説明は受けるべきだと思います。ただでさえ 誤解をされやすいのですから。守ってあげられるのは家族です。根気よく付き合ってあげてください。決して「頑張って!」とは声をかけないでください。十分ご本人は頑張ってるのですから。気休めなどで無責任な言葉をかけないであげてください。脳出血のリハビリは、長い道のりだと思いますが、伝える 伝わる気持ちも大きなリハビリの一つなのではないかなと思います。

諦めないで

2012年12月22日 土曜日

脳出血で後遺症によって障害をもってしまった患者様に運動障害や言語障害を回復させるために様々な訓練をして、社会復帰をしてもらう手助けをすることがリハビリです。後遺症が残ってしまった場合は入院中に病院でリハビリを行います。脳出血をおこしてしまうと残念ながら後遺症が残ってしまうのがほとんどだと聞きます。後遺症が残ると今までの生活を送ることが困難になってしまうので、リハビリを行い今までの生活に少しでも近づけるようにトレーニングをして下さい。また病院を退院されても、自宅療養からでもリハビリに通えることもできます。通うのが大変でしたら訪問リハビリもありますので利用して下さい。後遺症が残ってしまったといって決して諦めないで下さい。

意志疎通

2012年12月6日 木曜日

脳出血のリハビリでは、命の危険がなくなったと診断されてから、早期にリハビリを開始したほうがいいそうです。いわゆる麻痺状態が後遺症として残る場合もあります。ただそのリハビリのプログラムが、脳出血の軽度から重度まで、それぞれに対応したプログラムがなされているかが需要です。そして自分でまず『どこまてになりたいか 』という目標を伝えること。1日のリハビリ時間や1ヶ月のリハビリ総時間は決められているので、療法士さんとちゃんと意志疎通を諮らないといけません。入院は180日までしかできません。後は外来か自宅でのリハビリに切り替えられます。外来のリハビリも、入院患者で手一杯だと外来を断られる場合もあるとききました。入院中にしっかり納得のいくリハビリプログラムをこなし、自宅リハビリに切り替えた際のリハビリ指導もしっかり教えてもらうべきです。リハビリを行う前のベースとして、マッサージもきちんとしてもらうとよりリハビリの効果も変わってくると聞きました。私が前事故のリハビリで外来に通っていた時、たくさんの外来リハビリ患者さんが通院しており、いつも混んでいました。なので療法士さん達の仕事も、流れ作業的に見えなくもありませんでした。中には一際患者さんに熱心な療法士さんもいましたが、こういう療法士さんだと有り難いですが、なかなか現実はそんな方は少ないと思います。リハビリは自分次第です。聞きたい事知りたい事、どうしていきたいか。自分が納得せねば前には進んでいきません。

自宅でのリハビリ

2012年10月18日 木曜日

脳出血で入院されている時は専門の先生がみえるのでリハビリも計画的に順調に進みます。例えば…半身マヒの方がリハビリの訓練のおかげで、つえや装具などで歩けれるまでになり退院されていく方は多いと思います。ただ退院されてからがリハビリの大変さ問題点がでてきます。退院して自宅に戻ると強制的なリハビリの時間もありません。しかも入院中ほどは順調に回復しなくなってくるそうです。そうなると患者様の気持ちもマイナスな方向に流れてしまいがちです。どうしても後ろ向きになられてしまうと、段々に家に閉じこもることになってくるそうです。そうならない為には積極的に外出しましょう。デイサービスなどの施設を利用することで同じ症状の方とも知り合うきっかけとなり、人から色々と刺激をもらったりして、またそれが目標になると思います。家族の方も退院後は何かするのは危ないと思わないで下さい。せっかく入院中に回復した機能が低下してしまわないよう毎日のリハビリをサポートしてあげて下さい!

リハビリについて

2012年7月26日 木曜日

脳出血は脳内の血管が何らかの原因で破れ脳のなかに出血したことをいいます。意識障害・運動麻痺・感覚障害などの症状があらわれるそうです。出血の部分によって後遺症の症状が違います。後遺症が残ると、日常生活に影響が出てきますので、自分の力で日常生活を送れるように訓練をするためリハビリに励みましょうね。それではどのようなリハビリを行うか調べてみました。具体的には…関節拘縮の予防・床ずれ予防・沈下性肺炎の予防のための体位変換・他動的関節可動域訓練・寝返り動作訓練・床上移動訓練・移動・移乗動訓練・立ち上がり歩行訓練・応用歩行訓練などADL(日常生活動作の略で、起居、トイレ、食事、更衣などの各動作およびコミュニケーションからなる日常生活に必要とされる動作のこと)の向上を目的にリハビリが行われるそうです。リハビリを行わないでいると体の機能がどんどん低下してしまうので、あきらめず毎日少しづつ、自分で小さな目標などを決めて行うと達成感も感じます、早期リハビリが回復への大きななカギです。

寝たきり予防のリハビリ

2012年4月10日 火曜日

脳出血が原因でベッドでの生活が中心になった方も少なくないでしょう。ベッドでの生活が長くなると、筋力低下、筋緊張、関節拘縮が進んでいきます。そうならないように早期リハビリの開始、また毎日体を動かすリハビリを行っていくことが大切です。例えば、拘縮などが弱く、症状が比較的軽い場合であれば、まずはベッドから離れることが必要です。そのために下肢の筋力訓練及び歩行訓練などを取り入れていきます。リハビリ当初は思うように動かないかもしれませんが、続けていくことでリハビリの効果を実感できます。立ち上がり訓練などの筋力訓練で歩行に必要な下肢の筋肉を維持し、歩行訓練で歩けるようにしていくことが大切です。使わないままにしていればその機能はどんどん衰えてしまいますが、使うようにリハビリをしていけば今の状態を維持することは可能です。寝たきりを防ぐためにもきちんとリハビリを続けていきましょう。