‘前兆・前触れ’ カテゴリーのアーカイブ

前触れ

2013年8月30日 金曜日

脳出血の発作は突然起こります。残念ながら前ぶれとなるような症状はほとんどないそうです。まれに一過性脳虚血発作と同じような症状が起きることがありますが。ただし、脳出血を起こす最大の原因は高血圧であることは明らかとなっているそうです。血圧が高い人ほど、脳の中の血管が高い圧力に耐えられなくなり、小さな動脈瘤がつくられてしまいます。私も高血圧症と言われ、薬を飲まされています。あまり良くないですが、病院に行けば当たり前のように薬飲まされてしまいます。化学物質の為体の免疫力は薬を飲めば飲む程、さがりますから、反対に体がしんどくなってきます。めまいがする、頭痛がする、立って歩けない、気分が悪く、嘔吐などあります。頭が痛い時があまり続くようなら検査したほうがいいかもしれませんね。最大の原因の高血圧も生活を改めていかねばと思います。

前兆

2013年1月15日 火曜日

後遺症として頭痛、めまい、嘔吐、意識障害、失禁が認められるそうです。重症の場合には昏睡となり、死亡することもあります。半身まひ、言語障害、感覚まひなども起こります。この原因としては、高血圧や脳動脈瘤、脳動静脈奇形、などが脳出血の原因となるそうです。高血圧が続くと、動脈硬化が進み血管がもろくなり、内側から外側に強い血圧がかかり血管が破れやすくなります。これには高血圧と診断されている私は身震いしてしまいました。特に寒冷時、興奮時などに脳出血が起こりやすいそうです。脳出血の前兆・前触れとしては、めまいがする・激しい頭痛がする・立ってしっかりと歩くことができない・気分が悪くなる、嘔吐する・激しい肩こりを感じるなどあるそうですが、脳出血は突然になるケースも多いそうです 。前兆が現れてくれるだけありがたいですね。その前兆さえ見逃してしまい、脳出血が起こってしまった。自分の体に関心を持たないといけませんね。

脳出血の前兆

2010年8月5日 木曜日

脳出血の前兆

脳出血は、後遺症が残ったり、重症例では死亡することもある怖い病気です。そんな脳出血の前兆についてお話します。まず、脳出血の前兆・前触れは、はっきりとした症状として現れることが少なく、突然発症することが多いです。稀に頭がズキズキしたり、目がみえにくくなるなどの症状を感じることもありますが、ほとんどの場合は、前兆がなく突然発症します。ただ、脳出血の前兆ははっきりとした症状として現れることは多くありませんが、現れることもあるので、脳出血の前兆を知っておくことは脳出血による脳へのダメージを最小限に防げる可能性があり、治療後の状態も良くなります。脳出血の前兆には、いくつかあります。前兆として、めまい、激しい頭痛、しっかりと立つことができない・歩けない、吐き気・嘔吐をする、強い肩の凝りを感じるなどがあります。脳出血の一番の原因は「高血圧」です。ですから高血圧がある人は特に脳出血の前兆を知っておき、もしそのような症状が現れたらすぐに救急車をよんで検査を受けることが大切です。まずは症状がなくても一度検査を受けてみるといいかもしれません。

脳出血が起こりやすい状況

2010年2月6日 土曜日

脳出血が起こりやすい状況

脳出血は、頭蓋内の出血を総称して呼ばれます。脳溢血とも呼ばれます。この病気は、起こる前兆などがほとんどなく突然発症します。そんな脳出血にも起きやすい状況というものがあります。脳出血が起こりやすいのは血圧が変動しやすいとき。つまり日中の活動時に起きることが多いです。具体的にいうと、仕事中にストレスがかかった時、階段を上っている時、運動中、暖かい部屋から寒い所へ移動した時、興奮した時、食事中、トイレで力んだ時などがあります。急激に血圧が上がるときに脳出血は起こりやすくなります。このように血圧と脳出血は大きく関係しています。脳出血の一番の原因は「高血圧」です。血圧が高い人は注意をしてください。もし日中に、激しい頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、失禁などの症状が現れたらすぐ病院で検査をするようにしましょう。脳出血が起こると、今言った症状のほかにも様々な症状が起こります。出血部位や血腫の大きさによっては後遺症が残ることもあります。そうならないためにも予防、そして早期の発見・治療がとても大切になります。