‘治療’ カテゴリーのアーカイブ

サウンド

2013年5月16日 木曜日

バイノウラルビートって聞いた事がありました。何なんだ?と思っていました。ひとことで言うと、『現実には存在しない音を使って、脳を直接刺激する技術』である、と開発者は言っていました。 そ刺激伝わる経路特殊さから、ほとんど意識できないほどレベル刺激でも、脳に特定周期を持った電気活動を誘起することができるんだそうです。そ結果、単にリラクゼーションミュージックを聴くよりも大きな癒し効果が期待できるです。気持ち不安感や抑うつなどにも大変効果があるとされています。現実には存在しない音が意識中に聞こえてくる不思議さ、そ現象が脳どこに由来しているか、周波数によってどんな感じがするか体験してみたいもですね。人間体はいつなにがおこるかもしれませんが、聴覚 視覚などから受ける事は潜在意識に繋がって奇跡を起こすでしょうかね。

脳出血の治療

2010年1月5日 火曜日

脳出血の治療

頭蓋内の出血は総称して一般的に脳出血(のうしゅっけつ)または脳溢血(のういっけつ)と呼ばれます。この脳出血の治療はどういったものなのでしょうか?まず、脳出血が発症した後の数日は絶対安静が必要となります。降圧剤で血圧を下げて再出血を予防するようにします。ただし脳浮腫を伴うことが多いため、急激な血圧低下はかえって脳の血流の低下を来たすので禁忌とされます。必要に応じて浸透圧性利尿薬やステロイド薬などで頭蓋内圧亢進症状を軽減させます。手術療法は行われない場合もあります。視床出血および脳幹出血では血腫量によらず手術適応はされません。また、その他の部位でも血腫量が少量であったり神経学的症状が軽い場合には、手術適応はされません。脳ヘルニアが見られる例では緊急開頭術が行われます。自然に吸収されない大きさの血腫であれば、再出血のおそれが無くなり、脳浮腫が治まった時点で待期的に定位脳手術を行います。軽度の場合、治療において元の状態と変わらないまでに回復することもありますが、出血部位によって後遺症が残ることもあります。