2010年3月 のアーカイブ

脳出血の予防

2010年3月17日 水曜日

脳出血の予防

脳出血の予防のためには、血管年齢を若いまま保つように努力すること、そして、脳出血の一番の原因である「高血圧」を予防することが大切になります。では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?まずは食事に気を使いましょう。塩分・動物性脂肪・コレステロールの摂取を控えたり、血圧を下げる作用があるとされるカルシウムを多く含んだ食品を摂取するようにするなどが大切です。また、お酒の飲みすぎにも注意しましょう。食事以外では、適度な運動、肥満に注意する、睡眠・休養はしっかりと取ってストレスをためないようにする、タバコをやめるなどがあります。基本的には食事と運動で高血圧を予防します。高血圧を予防することが脳出血を予防することにもつながってきます。脳出血を予防するためにも血圧を上げないための生活を心がけていきましょう。

脳出血のリハビリ

2010年3月1日 月曜日

脳出血とは、脳卒中の一種で、頭蓋内の出血を総称してそう呼ばれています。脳出血が起こると、様々な症状が現れ、後遺症が残ることもあります。それらの症状は、出血部位や血腫の大きさによって異なります。それら脳出血後の後遺症は、リハビリテーション治療でよい成果をあげることができます。リハビリとしては様々なことが行われます。具体的には、関節拘縮の予防、床ずれ予防、沈下性肺炎の予防のための体位変換、他動的関節可動域訓練、寝返り動作訓練、床上移動訓練、移動・移乗動作訓練、立ち上がりと歩行訓練、応用歩行訓練などADL(※ADLとは、日常生活動作の略で、起居、移動、食事、更衣、整容、トイレの各動作およびコミュニケーションから成る日常生活に最小限必要と考えられる動作のこと)の向上を目的にリハビリテーションが行われます。リハビリを行わないでいると体の機能はどんどん低下していってしまいます。症状を和らげる、改善するためにもリハビリを行っていくことはとても大切なことです。脳出血の後遺症といsて