2010年5月 のアーカイブ

脳出血のリハビリ 家族の接し方

2010年5月3日 月曜日

脳出血のリハビリ 家族の接し方

脳出血が起こると出血部位や血腫の大きさにより症状は異なりますが、様々な障害が起こってきます。そういった症状を和らげたり、機能の低下を抑える、改善を目的としてリハビリテーションを行うことはとても大切なことです。そういった脳出血によってリハビリをしている人の家族の人はどのように接していけばいいのでしょうか?一生懸命にリハビリをしている家族を黙ってみているだけではいけませんよね。家族の人はたくさんコミュニケーションをとるようにしましょう。話をするだけで心が落ち着きます。話すことはどんなことでもかまいません。また、マッサージをしてあげるのもいいでしょう。体の中心に向かって行ってください。どこかへ一緒にでかけるのもいいと思います。家族の人は積極的に接するようにしましょう。そういった家族の存在がリハビリをしていく人にとってとても大きな支えになります。家族の人はまずはコミュニケーションをとっていきましょう。リハビリを続けていく中でこれは大切なことです。