2010年8月 のアーカイブ

脳出血の前兆

2010年8月5日 木曜日

脳出血の前兆

脳出血は、後遺症が残ったり、重症例では死亡することもある怖い病気です。そんな脳出血の前兆についてお話します。まず、脳出血の前兆・前触れは、はっきりとした症状として現れることが少なく、突然発症することが多いです。稀に頭がズキズキしたり、目がみえにくくなるなどの症状を感じることもありますが、ほとんどの場合は、前兆がなく突然発症します。ただ、脳出血の前兆ははっきりとした症状として現れることは多くありませんが、現れることもあるので、脳出血の前兆を知っておくことは脳出血による脳へのダメージを最小限に防げる可能性があり、治療後の状態も良くなります。脳出血の前兆には、いくつかあります。前兆として、めまい、激しい頭痛、しっかりと立つことができない・歩けない、吐き気・嘔吐をする、強い肩の凝りを感じるなどがあります。脳出血の一番の原因は「高血圧」です。ですから高血圧がある人は特に脳出血の前兆を知っておき、もしそのような症状が現れたらすぐに救急車をよんで検査を受けることが大切です。まずは症状がなくても一度検査を受けてみるといいかもしれません。