2011年4月 のアーカイブ

誤嚥予防の方法とは?

2011年4月25日 月曜日

脳出血などの脳血管障害における後遺症の中には、嚥下障害というものがあります。嚥下障害とは、食べ物や飲み物を上手く飲み込むことができない状態です。それによって誤嚥(食べ物や飲み物が誤って気管に入ってしまうこと)が起こり、肺炎になることもあります。まず、誤嚥による肺炎を防ぐためにも食事を始める前には、口をよくゆすいできれいにしてから食事をするようにしましょう。口の中が汚れているとご飯がおい しくないばかりか、誤嚥を起こした際、食べ物や唾液に含まれる細菌が肺に入ってしまいますからね。また、食事をするとkは姿勢にも気をつけましょう。寝た状態などでは、食べ物が気管に入りやすくなってしまいます。食事をするときは、必ずベッドを起こし、体が起きた状態ですることが大切になります。そして、食事の前の口腔外マッサージで口の周りの筋肉をやわらかくし嚥下をスムーズにしていきましょう。

誤嚥の予防

2011年4月18日 月曜日

脳の血管が破れ出血が起きる脳出血。

この原因は脳動脈瘤や動脈硬化などがあります。まずは、こういった原因となりうるものを予防していくことが大切です。さて、脳出血の後遺症にはいくつかありますが、その一つに嚥下障害と呼ばれるものがあります。嚥下とは、食べ物や飲み物を飲み込むことをいいますが、その動作がスムーズに出来なくなってしまうということが起こります。口に入れた食べ物や飲み物を上手く飲み込むことができないためそれらがあやまって気管に入ってしまう誤嚥が起こることがあります。それによって肺炎(誤嚥性肺炎)になって最悪の場合死に至ることもあります。ですから、嚥下をスムーズにする・誤嚥が起こらないよう予防をしていくことが大切です。では、ぐたいてきnどのような予防方法があるのでしょうか?簡単な予防として食前の顔のマッサージや体操があります。これは口の周囲の筋肉を軟らかくしておくことで嚥下がスムーズに行えるようになるからです。口角を上げるようにしながらやさしく顔のマッサージをしましょう。これだけのことですが、やるのとやらないのでは大きく違いますし、これは有効な予防方法です。毎日続けていき誤嚥を予防ことが大切になります。