2012年4月 のアーカイブ

寝たきり予防のリハビリ

2012年4月10日 火曜日

脳出血が原因でベッドでの生活が中心になった方も少なくないでしょう。ベッドでの生活が長くなると、筋力低下、筋緊張、関節拘縮が進んでいきます。そうならないように早期リハビリの開始、また毎日体を動かすリハビリを行っていくことが大切です。例えば、拘縮などが弱く、症状が比較的軽い場合であれば、まずはベッドから離れることが必要です。そのために下肢の筋力訓練及び歩行訓練などを取り入れていきます。リハビリ当初は思うように動かないかもしれませんが、続けていくことでリハビリの効果を実感できます。立ち上がり訓練などの筋力訓練で歩行に必要な下肢の筋肉を維持し、歩行訓練で歩けるようにしていくことが大切です。使わないままにしていればその機能はどんどん衰えてしまいますが、使うようにリハビリをしていけば今の状態を維持することは可能です。寝たきりを防ぐためにもきちんとリハビリを続けていきましょう。