2012年7月 のアーカイブ

リハビリについて

2012年7月26日 木曜日

脳出血は脳内の血管が何らかの原因で破れ脳のなかに出血したことをいいます。意識障害・運動麻痺・感覚障害などの症状があらわれるそうです。出血の部分によって後遺症の症状が違います。後遺症が残ると、日常生活に影響が出てきますので、自分の力で日常生活を送れるように訓練をするためリハビリに励みましょうね。それではどのようなリハビリを行うか調べてみました。具体的には…関節拘縮の予防・床ずれ予防・沈下性肺炎の予防のための体位変換・他動的関節可動域訓練・寝返り動作訓練・床上移動訓練・移動・移乗動訓練・立ち上がり歩行訓練・応用歩行訓練などADL(日常生活動作の略で、起居、トイレ、食事、更衣などの各動作およびコミュニケーションからなる日常生活に必要とされる動作のこと)の向上を目的にリハビリが行われるそうです。リハビリを行わないでいると体の機能がどんどん低下してしまうので、あきらめず毎日少しづつ、自分で小さな目標などを決めて行うと達成感も感じます、早期リハビリが回復への大きななカギです。