2014年1月 のアーカイブ

リハビリの専門家

2014年1月18日 土曜日
脳出血は、脳の中を走る細い血管がもろくなり、血管の中の圧力すなわち血圧に耐えれなくなって破裂したためにおこります。まさに脳の血管が切れるのです。脳出血の恐ろしいところは、出血がはじまると、どんどん周囲の脳を破壊して出血が大きくなっていくため、なにかしらん脳に傷が残ってしまうそうです。すなわち後遺症が残るわけですが、後遺症は出血がおこった場所によって、麻痺であったり、言語障害であったり、ふらつきであったりと色々な後遺症が残るそうです。例えば…言葉が話せない、物の名前が分からないなどといった言語障害がある場合には、コミュニケーションが取れるように言語聴覚士とリハビリを行います。ほかに理学療法士や作業療法士というリハビリ専門家がいます。リハビリは医師だけではなくさまざまな人の手助けがあります。