リハビリの分類

脳出血は誰でもなりうる病気です。特に中年から高齢になるにつれて気をつけたいですよね。脳出血になると後遺症が残る場合があります。出血量や出血した脳の場所によっても違います。後遺症が残ると日常生活が以前と違って思うように動かせなくなり、手足の自由も思うように動かせなくなります。今までとは違い、日常生活での影響が出てきます。
ですから、後遺症があっても日常生活を過ごしていく上で少しでも自分の力でできるように、リハビリの訓練を行うようにしましょう。リハビリには急性期と回復期と維持期の3つにリハビリが分類されています。急性期は発症より2週間から1ヶ月以内に治療を行い症状が安定してリハビリが可能な状態になってから行うと良いとされています。回復期は急性期治療が終了しても身体機能の低下が残り機能障害の回復をはかり回復した機能が衰えないように維持することを目的とします。維持期は急性期、回復期にかくとくした機能を出来るだけ長期に維持することで安定した日常生活を遅れるように支える目的です。

コメントをどうぞ